朝鮮併合時代とは何だったのか

ないねで済まない時代だから


日韓問題に関心のある方、自分なりに勉強をはじめたい方におくる

終戦まで朝鮮にいた日本人の話と

歴史認識をより高める国立図書館のデジタルコレクションの紹介

朝鮮総督府始政記念 内地(日本人)と朝鮮の児童の遊戯図に満開の桜(日本の花)と李花(朝鮮の花)を配したもの

Timbres-poste de l’ancienne Corée,Cartes postales commémoratives et timbres à date spéciaux.

色が付きアンダーラインが引かれた文字部分をクリックすると国立国会図書館インターネット公開のオリジナル資料が開きます。

何処かの大学教授が言っている。何処かの新聞に載っていた。何処かのテレビでコメンテーターが言っていた・・・

残念ながらそんなものは日韓基本条約締結以降の靖国神社参拝問題慰安婦問題旭日旗問題等・・・日本で生まれすくすくと韓国で育っていった反日行為の理解の助けにはなりません。

実際に太平洋戦争終了まで朝鮮は京城(現ソウル)に住んでいた私の祖父母や父や伯母達家族、同じ学校に通っていた同級生の方達から伺った話や写真などを交えつつ、皆さんに本当の日韓史をご紹介します。

あわせてご紹介していきます日本が記し保存されてきた資料をぜひ一度ご覧ください。

不正確なメディア情報に惑わされることなく自分の頭で考える。

そこから新しい歴史認識がうまれるはずです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする