終わりと始まり

終戦の日から始まった朝鮮人暴徒による日本人襲撃は翌16日から激化、京城(現ソウル)だけで千人を超える日本人が犠牲になる大惨事に。