伊藤公全集より

韓国保護の要を痛感す

日韓両国人共同して此宴このえんを設けられ、韓国皇帝陛下今将いままさに北巡を終り明日をもっ還幸かんこう(皇帝が視察を終えて戻ること)あらせらるるに際し、諸君が鳳駕ほうが(皇帝の乗り物)を奉迎ほうげいすると共に我等陪従ばいじゅうの一行を迎えて慰労いろうせらるるの厚意は、我等が諸君にたいして深く感謝する所なり。

そもそも今春韓皇陛下が沍寒ごかん(極めて寒い)をおかして南北に巡行せられしは、けだし(たぶん)諸君が其意そのい(陛下のお考え)のある所をく了解せらるることと信ず。
必竟ひっきょう今日の韓国の状態をもって、これに安すべきにあらずとの宸慮しんりょ(皇帝の考え)に出で、国民をして振起しんき(ふるい立つこと)せしめ、以て国家の隆昌りゅうしょう(栄えること)を来さしめんとせらるるにほかならず。
の意はげんまたたずして、韓国民たると日本人たるを問わず、すですで瞭然りょうぜんたるものあるを信ずるをもって、あえて重複して此をぶるの必要なし。

予は韓皇のしょうに従いあまねく汽車の通ずる所、南北にわたり時間の許す限りわが耳目じもくの及ぶ所を極めて山河の形勢を見、人民生活の状態を察し、しかして深く心に感ぜし所は、我日本国は益々進んでこの韓国を保護せさるべからずという事に在り。

縦令たとえ韓国民が我日本の保護に嫌焉けんえんたるものありとも、我日本は東洋樞要すうようの地(大事な場所)たる韓国を衰微すいびするに放任して邈視するを得ず。
韓国十三道にわたり其地域はなはひろしというを得ずといえども、なお八萬方哩の廣袤こうぼう(面積)を有す、その位地たるや我日本帝国とわずかに一衣水いちいすい(一衣帯水・きわめて近い)を隔てて相對あいたいし、しかして此海峡かいきょうは両国安危あんき存亡の係るところなり。

韓国の力微弱びじゃくなるは、すなわち日本国の国運にたいして偉大なる関係を有す。
ゆえに予は遠からず韓国を去りて日本に帰り、耳目じもくの及ぶ所を極めたる状況を我天皇陛下に奏上そうじょうして、日本帝国が益々勇往邁進ゆうおうまいしんして韓国に保護を加うるの厚からんことを奏請する積りなり。

韓国の力微弱なるは、假令けりょう(おおよそ)韓人自負心に富むといえども、世界各国の統計表を繙きひもとて比較的にこれを見れば、一目瞭然うたがいを容るるの餘地よちなし。
昨日平壌へいじょういたりて韓国の国力なる標題を掲げ自分の意中を吐露とろせんとしたれども、言語の異同より直接韓人に我が所見を了解せしむるの便をくが故に、わずかに其十分の一を吐露したるに過ぎず。

今日は陛下巡遊じゅんゆう最終の日なるを以て、あえて多言せざるも、いささか所感を諸君に披瀝ひれきして牢記ろうき(心に刻み込む)をわんとするもあり他なし、日韓親睦しんぼくあつくし我が日本の保護によらざらば韓国の進歩は百年河清かせいを待つ(ありえない)に等し。
南北に亘り力をつくして視察したる結果は韓人のよろこんで迎うると却くるとは日本の問う所にあらず。

日本は韓国民の現状を傍観座視ぼうかんざしするを得ず。畢竟ひっきょう隣誼りんぎを厚くし韓国の力を増し、日本国と共に韓国民の安寧あんねい幸福を増進せざるべからずとの観念は予の此行このこう(このたび)において益々深こうしたる所なること之れなり、予は日韓両国人が深く此事このことを記憶せられんことを希望す。

本日は日韓両国有志諸君の深意をりょうし、予が赤心熱誠せきしんねっせいを致して諸君に感謝の意を表す。

明治42年3月2日 開城歓迎會席上に於て

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする